議会報告 

議会での発言や、答弁をこちらでご紹介しています。随時更新しています。

平成24年8月文教公安委員会質問(8月21日)

県立高校と私立高校の募集定員の割合について

(質問)
県立高校と私立高校の募集定員の割合をどのように設定してきたのか伺います。



(答弁)
県立高校と私立高校の募集定員については、毎年度開催されている「青森県公私立高校入学者等協議会」の中で情報交換をして共通理解を図っていますが、募集人員の割合は県全体で概ね75対25で共通理解がされています。



県立高校の全日制過程の募集人員は、少子化の流れを踏まえて統廃合も含めた「県立高校教育改革」の中で県全体で75%となるよう募集人員を削減してきました。



結果、最終的な入学割合は平成22年度と23年度は県立が75、3%、私立が24、7%、平成24年度は県立が75、2%、私立が24、8%となっています。


入学者の比率は生徒が保護者との相談のもと、進学したい高校を選択、受験、入学した結果と考えています。



(質問)
三八地区での割合はどうなのか伺います。



(答弁)
三八地区では平成24年度は県立が59.9%、私立が40.1%です。



(質問)
県では県立高校と私立高校の募集割合についてどのように考えているのか伺います。



(答弁)
高校の募集人員については、法律に「高校教育の機会均等を図るため、区域内の公立高校の配置及び規模の適正化を図らなければならない」とあり、あわせて「区域内の私立高校の配置状況を考慮しなければならない」と規定されています。


本県では、県立高嘔と私立高校がそれぞれ特色を生かしながらその新興に努めてきましたが、私立高校が本県教育の振興に重要な役割を担っている事を考慮するとともに、少子化の流れを認識し、県立私立ともに魅力ある学校づくりを推進していく中でお互い共通理解を図っていきたいと考えています。


▲ページの先頭に戻る

最近のエントリー
平成24年3月農林水産委員会質問(3月21日)
  • 漁船漁業に対する県の考え方について
平成24年2月県議会質疑(3月12日)
  • 再生可能エネルギー推進基金の活用について
  • 妊婦健診臨時特例基金の活用について
  • 障害者自立支援対策臨時特例基金の活用について
  • 高等学校授業料減免事業臨時特例基金の活用について
  • 青い森鉄道の経営について
平成23年11月県議会一般質問(11月30日)
  • 東日本大震災からの復興の取組みについて
  • 県から市町村への事務権限移譲の取組みについて
  • 県が事業者から徴収する核燃料税について
  • オーダーメイド貸工場における合弁会社設立について
  • データセンターの誘致について
  • 私立幼稚園の振興について
  • 少人数学級の取組みについて
  • 児童生徒の体力向上の取組みについて
  • 県立高校でのスクール缶詰製造について
  • 八戸東高校の野球場の整備について
  • 自転車交通対策に係る県内に実施について
平成23年10月農林水産委員会質問(10月21日)
  • 高病原性鳥インフルエンザ防疫対策について
  • 台風15号による農地被害の災害復旧対策について
  • 漁業所得補償対策について
平成23年10月決算委員会(10月14日)
  • 八戸港ポートアイランド港湾用地の販売状況と販売促進策について
  • 財務事務の適正執行の取り組みについて
  • 県税の収入未済解消対策について
  • 県営住宅家賃・駐車場使用料の収入未済対策について
  • 小規模企業者への設備導入を図るための県の取り組みについて
  • 県産品を消費者起点でマーケティング強化する県の取り組みについて
  • 付加価値の高い県産品を商品化していくための県の取組みについて
  • 観光資源を効果的に売り込んでいく県の戦略的な情報発信の取り組みについて
  • 八戸工業用水道事業の経営と施設更新計画について
prev.1| 2| 34567next
議会報告の一覧

お問合せは

山田さとる県政政策立案連絡先まで
お問合せページ